日々雑感

廣森個人や研究室に関する簡単な日記です。

2017年10月

10月27日


今週もあっという間。というか,明日も仕事があるけど。


今日は大学院(博士課程)の方では,博士論文の予備審査会。うちの院では初めてなのでなかなか大変だったと思いますが,立派な発表でした。こういうガチンコの「勝負」というのは,見ていても清々しい。


学部の方では,季節がら,毎年この時期のゼミはこんな(↓)感じになる。授業は真面目にやってますよ,念のため(笑)。




先日,マレーシアで講演してきたばかりですが,今度はこちら(↓)でお話してきます。近くにお越しの方は,よろしければお立ち寄りください。


(写真をクリックすると,拡大表示されます)


--------------------


10月18日


少し前,明大祭の実行委員会がゼミ(授業)の取材に来てました。その時の様子がこちらに紹介されているそうです。良ければ,どうぞ。そして,「おでん」も是非どうぞ。




というか,いっぱい写真も撮っていかれましたが,採用されたのはS君なのね(笑)。


--------------------


10月15日


ここ数日の間に久しぶりに大きい決断をした。私(と奥さん)にとっては,明治に移ったのが過去10年ぐらいの間で一番の決断だったけど,その次ぐらい(都内にマンションを買ったのとか,全然比べものにならない)。


2019年度の話なので,週明けから本格的に始まる新しいゼミ生(7期生)の募集にも影響してくる。6期生も随分と一生懸命に新ゼミ生の勧誘をしてくれてたし,私自身も基本的に「ゼミ第一」というのがモットーなので,これは何とも苦渋の決断。ただ,私自身がさらに進化することで彼らに還元できることもあるはず。(以下,違うところに書いたことの引用)


京大の山中先生は「ノーベル賞のその先へ」と言っていた。比べるなんておこがましいのは重々承知している。けど,40そこそこで教授にしてもらった私が「その先」へ進むためには,また新たなチャレンジをしなくてはいけないのだと思う。


--------------------


10月10日


先日,マレーシアで講演した時の話。終わった後の質疑応答で印象的だったのは,「今日は生徒・学生のモチベーションの話に焦点を当てられていたが,先生はどうやって"自分"のモチベーションを維持しているのか?」というもの。そんなこと,これまであまり考えたこともなかった。


そういえば,先日,ある高校の副校長先生とお話した時にも,「教員のキャリアで一番難しいのは50代。その年代にどうやって(教員自身の)モチベーションを維持するかというのは意外と難しい」といった類の話をされていた。student motivationという話も大事だけど,teacher motivationというのもあるということ。


--------------------


10月8日


マレーシア出張も無事終了(といっても,いまはまだ空港のラウンジだけど)。講演自体はやり切った感があるというか,現在の私にはあれ以上は無理というのが正直なところ。幸い,多くの方が楽しそうに聞いてくれてましたし,終わった後にはすぐに(また海外から)次の講演依頼もいただいたので,それなりにうまく行ったと思いたいところです。


また,今回は国際交流基金の関係者の方々に何から何までお世話になりました。有難い限りです。「ゼミなどの研修でお越しの際はぜひお立ち寄りください」と言ってくださっていましたが,本当にお邪魔しちゃいますよ(笑)。将来,基金でお世話になるような卒業生が出てきてくれればと願ってますし,私もそういった学生が育つように引き続き,頑張らなければと思います。




--------------------


10月6日


ということで,無事にクアラルンプールに到着。空港までわざわざ迎えに来ていただいたりで,申し訳ない限り(たしか,そういうのは苦手ですので遠慮しますと一度断った記憶があるのだけど)。


その後もホテルまで送っていただき,夕食もご一緒させていただきました。普段,なかなか聞けない話などお伺いすることができて,こちらの方が勉強になったり。


今日は5時起きだったということもあるので,早めに就寝。明日は3時間講演して,午後からは研究発表を聞いて回って,夜は現地の偉い先生方との会食。さて,どうなることやら。


--------------------


10月3日


今日も芸能人並みの忙しさだったような。


1限は授業。授業後の休憩時間(10分)もお仕事。2限は修論指導。お昼休みはアポ。3限は卒論指導。5限は3年ゼミの指導。唯一空いていた4限はシラバスの翻訳。もうコア・カリキュラムとか,…,大変ね。


大学院の授業は,実質的には今日が初回ということで,私のプレゼン。自分で話した方が早いし,気が楽なんだけど,それでは学生の勉強にならない。でも,学期の序盤ということで,こういうプレゼンをしてほしいというメッセージは伝える必要がある。伝わったかどうかは,別問題だけど。


--------------------


10月1日


先週も忙しかったけど,何事もなく無事に終わったので良かった。


付属校での授業も,文化祭明け,しかも昼休み明けの5時間目は眠そうな学生がいたけど,6時間目は調子が出てきたせいか,皆さん楽しそうだったのでとりあえず一安心。




今週末もマレーシアでお話してくるのだけど,(ネタの仕込みとかは)いまだ準備が終わっていない。さて,3時間とか,どうしたものか。


(写真をクリックすると,拡大表示されます)


2017年9月

9月26日


授業もようやく一回り終了。今日は大学院の授業(×2)だけど,片方は受講者が6人もいた。院の授業にしては多いのだけど,皆さん,大丈夫かな。


大学院といえば,今週末(金・土)はI期入試。役職をやっている立場としては,とにかく何事もなく無事に終わってくれることを祈るのみ。それはさておき,受験生の皆さん,頑張れ!


その前に,明日は午前中から授業をやって,お昼ご飯を食べる暇なく移動して,昼過ぎから付属校で授業(×2)という日。午前中の授業は休講にしたくないので,ぎりぎりまで授業をやって,タクシーで移動。とほほ。だけど,何でも一生懸命,真面目にやると,人に何かを伝えることができるはず。


--------------------


9月23日


今日は,土曜ということで家庭サービス。午前中に食器棚が届くということで,その手伝い。設置自体は業者さんがやってくれたので楽ちんでしたが,これから少しずつ食器類のお片づけ。といっても,あまり私が余計なことを言うと,奥さんに叱られる。




最近はかなり暑さも落ち着いてきた。そろそろ秋も近づいてきたということで,赤ワインを大人買い。




まずい。つぶやいたりもしてるせいか,長い文章が書けない…。(ツイッターは@hiromorisensei


--------------------


9月21日


授業が始まったら,予想通り,一挙に慌ただしくなった。


昨日も,教員研修の講師依頼,研究論文の修正依頼,研究打ち合わせの相談,卒業生のアポなし研究室訪問(彼は何ゼミなんだ?)がほぼ同時にありました。教員研修(今回は,去年に引き続き鳥取から)などはできるだけ協力したいのですけど,日程的に会議を休むか,ゼミの授業を休むかしないとダメなんですよね。ということで,今回は難しい模様。


ゼミといえば,今日は初回授業。皆さん,元気そうで何よりでした(というか先週,ゼミ合宿で会ったばかりか)。3年ゼミは留学に行った学生の入れ替わりで,今度はロンドン大学から留学生がやって来ました(一年間,楽しんでいってくれればと思います)。あと,恒例のTOEIC800プロジェクト。今年のゼミ生平均は,…,過去最高の840点でした(パチパチパチ)。


4年ゼミは後期のスケジュールを立てつつ,参考文献の書き方を全体で勉強。院生でも手こずるぐらいですから,なかなか大変。でも,卒論もスポーツも仕事も何でもそうですが,「勝利の女神は"細部"に宿る」んですよ。前期が終わった時点では,卒論が順調に進んでいる組と遅れ気味の組が分かれつつありました。進んでいる学生にはどんどん引っ張ってもらって,遅れ気味の学生はみんなで引っ張っていく。「落ちこぼれ」は作らない。みんなで集団全体を高めていく,というのが目指しているカタチ。言うほど簡単じゃないけど,簡単じゃないから,やる意味がある。


世の中,やる意味,やる意義があることというのは,たいてい大変。


--------------------


9月19日


今週から後期開始。また年度末まで慌ただしい日が続くんでしょうね。


研究の方は,現在取り掛かっている単行本が10月末に初稿締め切り,修正を踏まえて来年3月に校了予定なので,今期はこれをずっと抱えて過ごすことになりそう。(すでに次の単行本の相談も受けてるけど,気力が残ってるかな)


教育の方は,例年同様,後期は卒論指導,修論指導が追い込みを迎えるので,年明けまでは「あ~でもない」「こ~でもない」という日々が続くんでしょうね。(院生の方はちょっと遅れ気味だけど,間に合うかな)


そういえば,大学生協にゼミ生と書いた本が並んでました。さすが,明大マート。ちなみに現在,アマゾンでは期間限定で3割引で購入可能です。これを機に1冊,いや2冊ぐらい,いかがでしょう(笑)。詳しくは,こちらをどうぞ。




--------------------


9月16日


今週は,2泊3日でゼミ合宿@山梨。天候にも恵まれ,グループ発表のレベルも高く,アクティビティも充実していて,大きなアクシデントもなく,ということで,100点満点,いや120点のゼミ合宿でした。






私まですっかり楽しませてもらったせいか,なぜかしら体のあちこちが痛い(笑)。40過ぎて,学生(もちろん男子)と一緒に露天風呂に入ったり,川の字になって一緒に寝たりするのもどうかと思うけど,そういうことができるのもうちのゼミの良いところ。3日間を通じてあらためて感じたのは,学生さんたちはみんな立派だなということ。






--------------------


9月12日


学部時代,「英語教育といえば宮城教育大学(通称,宮教大)」という話を何度も聞き,自身の卒論も宮教大の当時の学長先生だった林竹二先生を取り上げたのも,今でもつい最近のことのようによく覚えています。


そんな中,この3月に宮教大の英語教育講座で28年間にわたり教鞭を取られてきた板垣先生が定年退職を迎えられました。敬愛する板垣先生,こういう先生に少しでも気にかけてもらえるようになれただけでも幸せなことです。




何の因果か,私が定年退職するまでも,ちょうどあと28年あるようです。それまでにあのぐらいの雰囲気が出せるようになれる自信は全くありません。が,そこを目指して頑張るというのが,私にできるせめてもの恩返しでしょう。


--------------------


9月9日


今週も世のため,人のために頑張りました。死んだら絶対,天国に行けるはず(笑)。


その他,3期,4期の卒業生が訪ねて来てくれたり,5期の卒論(中間報告)を添削したり,6期の留学に出かける学生の壮行会をやったり。最後のやつ,良い会でした。




学生といえば,以前,ベトナムのホーチミンから研究生の受け入れ相談がありましたが,今度はオーストラリアのシドニーから来てました。皆さん,どうやって調べてくるんですかね。


昨日は北海道から来られた先生の研究室訪問の対応,今日は関西から来られた先生と現在進行中のプロジェクトの打ち合わせ。有意義な話し合いができたので,今後がますます楽しみです。


--------------------


9月6日


9月に入ると,やはり一挙に「授業モード」になる。後期の授業準備もそうだけど,来年度は「教養講座」(いわゆるプレゼミ)を担当しようかと思っているので,その内容もそろそろ考え始めないと。


パソコンのデータを整理してたら,ここ数年のゼミ新歓の集合写真が出てきた。2014年とか,若いなあ,自分。おいおい,たかだか3年前でしょうに…。






--------------------


9月1日


今週は大学英語教育学会の研究大会@青山学院大学。JACETはここ最近,といってもここ4~5年,ほとんど参加してないのですが,ご近所でやっているということで覗いてきました。




すき間時間に出版社の方と打ち合わせをしたり,学会後に共同研究の打ち合わせ(×2)をしたり。前者は現在取り組んでいる企画の話でしたが,「またクセが出て無茶なお願いを強引にお話ししてしまい…」と次の企画の相談も。後者は皆さん立派なので,私などいなくても,どんどん勝手に進んでいきます。私の仕事はビールを飲むことぐらい。


ここ数日,東京は寒暖の差が厳しいせいか,どうも風邪を引いてしまったような(気がつけば,鼻水が垂れてくる)。日曜も予定が入っているので,それまでにはどうにかしないと。


2017年8月

8月27日


週末(金・土・日)は新潟出張。関東甲信越英語教育学会の研究大会@新潟大学。新潟は去年のゼミ合宿でもお邪魔しましたが,新潟大学自体は初めて。




学会の方は天候にも恵まれ,大きなトラブルもなく,良い大会でした。研究発表も大学教員に加え,小中高の現職教員の発表15件,大学院生の発表15件と,バラエティーに富んだプログラムでした。うちの院生さんは彼らの主体性に任せてるけど,この大会での発表は年間指導計画に入れ込むようにしようかな。


今回は普段だとあまり足を運ばないような発表を積極的に聞いたせいもあってか,いろいろと良い刺激や気づき,アイディアをいただきました。次年度からは副会長の大役なども仰せつかってしまったこともあるので,より充実した学会運営に向けて微力ながらお手伝いできればと思います。


--------------------


8月22日


北海道には一週間ほど滞在して,あちこち挨拶して周ったり,お墓参りしたり,実家に立ち寄ったり。


戻ってからは,来年出版予定のブックチャプターの概要を考えたり,10月,11月の講演内容を考えたり,中学英語用の学習活動案をあれこれ考えたり。気がつけば,頭を使う仕事ばかりだな。


今日と明日は勤務先のオープンキャンパス@中野。こちらは,ゼミ生が張り切って準備してくれたおかげで,廣森ゼミのブースも大盛況だったようです。皆さん,お疲れさま!そして,ありがとう!








--------------------


8月9日


ということで,今度は北海道。台風の影響が心配でしたが,飛行機も何とか無事に飛びました。帰省も兼ねているので,少し早めのお盆休みにもなればと思っています(お盆休みとか,何年ぶりだろう)。




今日など東京は37度だったようですが,こちらは21度。やっぱり,日本は広いんだな。


--------------------


8月6日


週末はこちらの学会。気がつけば,LETとか何年ぶりかな。




今回は今を時めく若手研究者3人のご発表にコメントをする(いわゆる指定討論)役。私などが偉そうなことを言う必要など全くない内容ばかりで,かえってこちらの方がいろいろと勉強になりました。




と同時に3人の先生方はそれぞれ,博士を終えられてしばらく経つ方,ちょうどこの3月に終えられた方,そして(現在D4で)もう少しで終えられそうな方,ということだったので,私自身が実際に指導する際にもどの辺りをイメージしたらよいのかを考える良い機会をいただきました。


--------------------


8月4日


今週は高校総体(いわゆるインターハイ)。男子は福岡大大濠,女子は岐阜女子が優勝。大濠の監督はまだ29歳。同校卒業後,筑波大学で教職を履修して,大学卒業後はすぐに母校で指揮を執っている。将来,U19などでも指揮を執るようになるでしょうね。岐阜女子は桜花学園をくだしてインターハイ初優勝。ただ,留学生ありきのあのバスケは正直,いただけない。


さて,週末は名古屋に学会出張。シンポジウムで少しだけお話してきます。週明けからは北海道に出張。お仕事のほか,少しだけ実家などにも立ち寄れればと思っています。


--------------------


8月1日


今日から8月。成績表も出し終えたので,本当だったら(少しだけ)夏休み。と行きたいところですが,今週はもうひと踏ん張り。週末の学会準備と,原稿書きの下準備。


ゼミの学生さんたちがTwitterを立ち上げてくれたので,軌道に乗るまではと思い,ここ1ヵ月ほど私も挑戦。やってみて改めて感じたのは,SNSのパラドックスというか矛盾。social mediaというのは,人間をどんどんasocialにしていくな(笑)。


ちなみに,Twitterはこちら。フォロー「1」というのは,どう考えても使い方を間違っている(まあ,期間限定だからいいのか)。


2014年度~

2017年4月~の「日々雑感」はこちらです。


2016年4月~2017年3月の「日々雑感」はこちらです。


2015年4月~2016年3月の「日々雑感」はこちらです。


2014年4月~2015年3月の「日々雑感」はこちらです。